電動リール「ザク改」の製作② ボディー部材のカット

電動リール「ザク改」の製作①の続きです。
工程は、遅々として進みませんが、進んだ分だけアップします。

製作手順② ボディー部材のカット

①で墨付けしたファルカタ材をカットします。

糸鋸と普通の鋸を用意します。周りが汚れるので、新聞紙を敷き詰めます。
そして、カット。

CIMG2377.JPG

後で、サンドペーパーで整形しますので、墨付けの線の外側を切っていきます。
切り終わりは、ぱきっと割れやすいので、気を付けて。

できました。電動リール2台分の部材切り出し。

CIMG2378.JPG

上にのっているポッチリは、スイッチボタンです。太い目の菜箸を切ります。


ボディー部材のカットは、準備と片づけに時間がかかります。切っている時間は、30分くらいですが、道具の準備から掃除まで・・・・・( ´Д`)=3 フゥ

この後は、ちまちました作業の連続になりますが・・・・・
・・・・・・・また・・・・・今度・・・・・・・ZZZ・・・・


部材カット.png

この記事へのコメント

  • アメブロのshiro-cro

    今晩は!

    精が出ますね.....いや.....逆か

    出てないですな?(笑)

    しかしチョコチョコ進んでるので
    大したモンですよ(^^)d

    今回はどんな見栄えになるのか
    楽しみです(^。^;)
    2017年04月25日 22:42
  • ぐうたら釣友会会員1

    shiro-cro様

    糸鋸でのカットは、ほとんど息を止めて行いますので、疲れるのであります。準備・片づけを考えると、まとめて切ったらいいのですが、2台分切るのが、やっとです。
    ぐうたららしくもなく、朝の早いアルバイトをしているもので、徹夜作業もできません。
    まあ、ぽちぽち進めて行けば、いつかは完成するでしょう。

    形は、図面のとおり、今までのものとあまり変わりません。トラブルの徹底回避を目指します。うまくいったら、旧作品も順次作り変えます。
    2017年04月25日 23:13
  • ベイトフィッシュ

    製作が順調に進んでいるみたいで、その意欲に感服いたします(^^)
    木の削りカスは、掃除機でも全ては吸いきれずに残って厄介ですね。自分はいつも後処理に苦労してます。
    初めから新聞を敷けばいいのか!と当たり前のことに気づきました(笑)
    引き続き、楽しみながらのんびりと製作続けて下さい!!!
    2017年04月25日 23:29
  • ぐうたら釣友会会員1

    ベイトフィッシュ様

    こんばんは。

    ベイトフィッシュさんは、花粉の季節、つらいでしょうね。また、季節の変わり目は、体調管理が大変。
    できるだけ、ぐうたらして、体力・気力を戻してくだされ。

    私は、八割方リタイアしていますので、こんな時期でもゆとりがあって、趣味を少しずつ楽しみます。
    おが屑は、新聞紙を敷いていても、いっぱい床に散らばります。新聞紙に鋸が当たって、破けます。
    家内に叱られないようにしなくっちゃ(;・∀・)
    2017年04月26日 00:24
  • 魚澄

    お~重い腹動きだしましたね。公魚君は餌より色気ですから
    新作でぎゃふーんと言わせましょう。こちらは生地完成仮組
    完了です。あとはお魚さん好みのカラーにです・・・・?
    難題製作してもなかなか気にいったのが出来ません。
    頑張って昼寝しながら、夜こそこそと、いやこつこつとですね。
    お休みなさい。
    2017年04月27日 00:47
  • ぐうたら釣友会会員1

    魚澄様

    魚澄さんは、仕事が速いですねえ。
    私の方は、ちょこちょこと進めています。ぐうたらしないで、一日かかりきりの作業をしないと、出来上がりが半年後くらいになってしまいそうです。

    色は、まだ決めていませんが、そのときの気分で決めます。まだまだ、先の話です( ´艸`)
    2017年04月27日 10:39
  • Sassy

    楽しく読ませてもらっています
    切屑は、おがくずに水分含ませて履くとキレイになりますよ
    現場ので、覚えました
    2017年04月30日 21:34
  • ぐうたら釣友会会員1

    Sassy様

    こんばんは。

    以前の「ザク」譲渡では、ご期待に沿えず、すみませんでした。やっぱり、他人様に使ってもらうと、自分とは違う使い方をされますので、思わぬほころびが分かるものです。自分の手の届くところにありましたので、責任をもって対処させてもらえましたが、Sassyさんのおられる場所では、どうしようもなかったと思います。お断りさせていただいたことは、かえってよかったと思っている次第です。

    魚澄さん作のリールを自分好みに作り変えておられるご様子。木製はそれができるのもいい所ですね。自分にとってのベストを目指してください。

    わたしもまた、それを目指します。

    それでは、良い釣りを!

    コメント、ありがとうございます。
    2017年04月30日 22:22
にほんブログ村 釣りブログ ゴムボート釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

最近のコメント

最近の記事