北畠神社(三重県津市美杉町上多気)2016.5.15

いい天気で、ヘラ釣り桟橋では例会をしているというのに、私は家内による「連行」でございます。
せめて、皆様良い釣りを・・・。

さて、「連行」先は、建武の中興で活躍した悲劇の武将北畠氏をお祭りする北畠神社。
宇陀市の自宅から曽爾村・御杖村を抜けて、三重県に入ったあたりへと車を走らせます。

目的地のすぐ近くに、道の駅美杉があります。ここで少し休憩。

CIMG3055.JPG

良さそうな木材が比較的安く売られていました。が、それより気になったのは、

CIMG3056.JPG

巣立ち前のツバメのひな。うーん、かわいい。
親鳥がしきりに巣立ちを促していました。

巣の中をがさごそ。
CIMG3058.JPG

意を決して、巣から出たひな。
CIMG3057.JPG

木造の建物なので、巣をかけやすいのでしょう。こんな光景がそこかしこに。
ツバメが巣をかける家は、栄えるといいます。職員の方々も、保護しておられる様子。

目的地に到着。
北畠神社。主祭神は、北畠顕能公。配祀、北畠親房公と顕家公。

CIMG3059.JPG

説明書き
CIMG3060.JPG

清々しい神社の風景
CIMG3061.JPG
CIMG3062.JPG

手を清めて拝殿へ
CIMG3063.JPG

狛犬さん  うぅぅぅぅー!
CIMG3064.JPG
わん!(こんな表現は、ばちあたりでございます。)
CIMG3065.JPG

北畠氏は、学問に優れていたので、学業成就・合格祈願の絵馬がたくさん。
CIMG3066.JPG

拝殿正面になぜ天狗?
CIMG3067.JPG

扁額
CIMG3068.JPG

足利の大軍を撃破したが、二十一歳の若さで散った悲劇の武将、北畠顕家の像。イケメンですねえ。
武将オタクの皆様は、ぜひお参りを!
CIMG3071.JPG

本殿に向かって左の別社は、多芸神社。「たげ」と読むそうです。山の神など土地の産土神十六柱がお祭りしてあります。
CIMG3072.JPG

右の別社は、留魂社。織田氏に滅ぼされるまでの北畠氏当主をお祭りしています。
CIMG3084.JPG
CIMG3085.JPG

この神社のもう一つの見どころは、庭園。このくぐり戸を通るのに、お一人様300円。
CIMG3073.JPG

入ると、庭園について何も知らない私でも、その美が分かります。
CIMG3074.JPG

築山には大木が、
CIMG3078.JPG

枯山水。
CIMG3081.JPG

池には清冽な山水。そして、鯉。
CIMG3076.JPG

この庭園はモミジが多いので、秋には紅葉が見事になるはず!

境内には当たり前のように、驚くような大木がたくさん。これは、大銀杏。関取の髪型ではありません。
CIMG3086.JPG


背後の山に、北畠氏の城跡があるとのことですが、石碑があるだけのようなのでパス。
家内が、「行く!」と言わなくて、助かった。


近くに美杉ふるさと資料館があります。北畠氏に関する資料も展示してあります。

CIMG3089.JPG

北畠氏館の復元模型。神社になる前は、このようだった。
CIMG3090.JPG

神社蔵の顕能公像。神像と呼ぶべきもの。ありがたや!
CIMG3095.JPG

屋敷跡から、こんなものや
CIMG3097.JPG
こんなものが
CIMG3098.JPG
出土しています。

化石や付近の弥生遺跡の遺物も展示

CIMG3091.JPG
そういえば、この辺りは白亜紀の地層露頭が点在

CIMG3092.JPG
弥生式土器、実用の美

昔の道具類。郷土資料館ですから。
CIMG3099.JPG


神社・庭園・資料館とも、見ごたえがありましたし、勉強になりました。
ヘラ釣りを我慢した甲斐があるというものです。

すぐ近くに(というより同じ集落内)に、伊勢本街道多気宿の古い建物が残っています。それらしく建てられたものではなくて、本物です。
別のページで紹介させていただきます。


この記事へのコメント

  • 粉石

     お邪魔させていただきます。
     北畠神社、街中神社にはない趣と風格があって素晴らしいですね。
     モミジの木が多いとのことですが、自分はイチョウも大好きなんで紅葉の時期はほんとに良さそうに思えます。
     多気宿の街並みも風情が感じられて大好物です。
     眼福でした。
    2016年05月16日 13:49
  • ぐうたら釣友会会員1

    粉石様

    記事を見ていただいて、ありがとうございます。
    神社にお祭りされている神様は、実在した人というケースが多いですね。
    神田明神は、平将門。武田神社も上杉神社もあります。日光東照宮も。明治神宮も天神さんも。
    たぶん、『あまてらす』も『すさのお』も、実在したのではと思ってしまいます。
    敗軍の将も神様になり得るところが、いいですね。

    街中の小さな神社だって、すばらしいと思います。人々の信仰のあるところに、神様はおわします。
    2016年05月16日 17:25
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

最近のコメント

大淀東海岸キス釣り 2024.7.10 by ぐうたら釣友会会員1 (07/13)

大淀東海岸キス釣り 2024.7.10 by マッサン (07/13)

大淀東海岸キス釣り 2024.7.10 by ぐうたら釣友会会員1 (07/12)

大淀東海岸キス釣り 2024.7.10 by ぱるピロ (07/12)

大淀東海岸キス釣り 2024.7.3 by ぐうたら釣友会会員1 (07/07)

大淀東海岸キス釣り 2024.7.3 by マッサン (07/07)

大淀東海岸キス釣り 2024.6.29 by ぐうたら 釣友会会員1 (06/30)

大淀東海岸キス釣り 2024.6.29 by マッサン (06/30)

大淀東海岸キス釣り 2024.6.29 by ぐうたら釣友会会員1 (06/30)

大淀東海岸キス釣り 2024.6.29 by ぐうたら釣友会会員1 (06/30)

最近の記事